体脂肪の貯蔵と消費


食べたものが、体脂肪(中性脂肪)になるまでの流れ
食べる→ブドウ糖に分解→(余ったら)グリコーゲンとして貯蔵→(さら余ったら)脂肪細胞に中性脂肪として貯蔵
このような感じです。ブドウ糖でエネルギーとして消費されるんですが、使われなかった物がグリコーゲンとして貯蔵されさらに余ったものが際限なく中性脂肪として蓄えられます。

エネルギーとして脂肪燃焼するまでの流れ
グリコーゲン分解→アミノ酸分解→中性脂肪分解
貯蔵されていたグリコーゲンを分解しそこで足りなくなると、筋肉や骨をアミノ酸に分解しエネルギーを作る。さらにエネルギーが必要になるここでやっと中性脂肪分解、脂肪酸として消費する。

こんなに順を追っていくので脂肪燃焼にはしっかりした運動が必要になってきます。



3つの代謝
代謝には大きく分けて
基礎代謝、生活活動代謝、食事誘導性代謝の三つがあります。
そのうち基礎代謝が消費エネルギーの6割を占めます。


基礎代謝
*日常の生活、呼吸や心臓の鼓動等の活動
体重が多いほど基礎代謝量はあがりますが、筋肉か脂肪かで大きく消費エネルギーはかわります。

基礎代謝量が
筋肉1kgにつき、一日あたり13kcal
脂肪1kgにつき、1日あたり4,5kcal
筋肉は約3倍エネルギー消費します。


生活稼働代謝とは運動等自ら体を動かす活動
食事誘導性代謝とは食べたものを消化吸収する内蔵の活動


運動で脂肪燃焼をしていくうちに筋肉もついてきて更にエネルギー消費につながります。頑張りましょう😊

おすすめ記事