体脂肪にはもうご存じでしょうが2種類あります。
一つは内臓脂肪、もう一つは皮下脂肪です。


内臓脂肪は内臓のまわりにつき、皮下脂肪は皮下、体のまわりを覆うようにつきます。 内臓脂肪が多い方は内臓脂肪型、皮下脂肪が多い方は皮下脂肪型と区別をします。 正確に測るにはctスキャンの計測が必要ですが簡単に自分で測る方法がありますのでご紹介しますね😉


ウエスト➗ヒップ
で数値を出します。

この数値が男性なら0、95以上、女性なら0、8以上の場合は内臓型です。 それ未満の方は皮下脂肪型となります。あくまで簡単な測定です。

下脂肪
本来皮下脂肪はつきにくく、落としにくい脂肪なのですが、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンのおかげで内臓脂肪より つきやすくなっています。いやですね。女性にとって、とつきやすく落としにくい脂肪です。😠😠😠本当いやですよね。
お腹周り、二の腕、お尻、もも。
みなさんが体のパーツで痩せたい部分ランキング上位ばかりではないでしょうか。 普段あまり動かさない部分につきはじめるんです。


臓脂肪。女性は先程でてきたエストロゲン のおかげで内臓脂肪がつきにくくできています。
男性はこのホルモンがないためつきやすいですが、その代わりにテストステロンという男性ホルモンが働き 筋肉を発達させ体脂肪燃焼させる体となっています。 筋トレで男性の方が筋肉がつきやすいのはこのホルモンおかげでもあります。
また内臓脂肪は活性度が高く、体内に溜め込みますがエネルギーとしてすぐ消費もされる為、つきやすく落としやすい脂肪と言われています。

では内臓脂肪のほうが体についてていいかと云うとそうではりません。 リスクは内臓脂肪の方が高いです。活性度が高い為、体にいろんな悪影響を与えます。

このように二つの説明をきくとどちらもいらないと思いますが 体脂肪は体にある程度はなくてはならないもの。
三代栄養素のひとつです。ただ内臓脂肪も皮下脂肪も必要以上にはいらないですよね。 落とすためには運動、バランスを考えた食事が必要になってきます。


よく飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸など言われますが、摂りすぎると結局のところ中性脂肪になります。 飽和脂肪酸は内臓脂肪、不飽和脂肪酸は脂肪肝。
オメガ3や9も同じです。結局は中性脂肪です。 しかい適度に摂ると健康にいいのも確かなので上手に摂取しましょ。


食事の順番で最初にサラダと言われ医学的にも太りにくいと裏付けされたりもしますが その後に唐揚げや串カツを食べては痩せません。何を食べるかです。焼肉へいって赤身など食べて、ご飯を抜いてても 甘いお酒やデザートを食べてたのでは意味がありません。


食べてはだめって事じゃないですよ。 摂取したら消費をする!脂肪を燃やす!これですね。これには運動はつきものです。
無理のない続けれる程度の運動、食事調整にしましょう💕


おすすめ記事